ハザン省の入境許可証について

ハザン省において、ドンバンなどの北部国境エリアに立ち入るには、原則、警察の許可書が必要です。(ハザン市よりも、南の地域は、通常、必要としませんが、一般観光客が行かないようなルートで、国境に近づくと公安に捕まることがありますので、注意が必要です。)

特に、ドンバン県で、宿泊される方は、必要となります。ただ最近は、外国人観光客が増え、公安もあまり厳しくないようなので、宿泊するホテルの指示にしたがってください。必要な場合は、ホテル側で代行してくれますので、通常の観光ルートであれば、あえて、ご自分で警察署に行く必要はありません。

(料金は、220,000ドンです。このことで、ホテルが手数料を取るということはありません。2017年12月現在)

ハザン省と中国の国境について

中国とは陸続きですので、当然、無数の国境ポイントがありますが、外国人が通過できるゲートはありません。また、正式なゲート以外に、標識だけの国境が無数に存在しますが、危険ですので興味本位で立ち入ることは、絶対にやめてください。