ハザン省内には、まだ、高級ホテルは、ありませんが、ハザン市及びドンバンなどの各県の中心地には、たくさんのホテルがあり、宿泊に困ることはありません。また、ホテル以外にも、ベトナムではホームスティと呼ばれる民宿、バックパッカー向けのドミトリーなど、多様な宿泊施設が数多くあります。

10月、11月の観光シーズンは、ベトナム人観光客が殺到します。特に週末は、必ず予約しておくことをおすすめします。

なお、当サイトでは、個別の宿泊施設の紹介はしておりません。

 

Homestay(民宿)


タイ族Homestay

ハザン市近郊には、タイ族伝統の高床式家屋を利用した民宿がたくさんあります。タイ族は、稲作以外にも、野菜作りが盛んで、それらを利用した料理の豊富さに驚かされます。囲炉裏を囲んでの家族との食事は、きっといい思い出になると思います。


ザオ族Homestay

ザオ族の家族経営による民宿も数件あり、毎日、欧米人の旅行客で賑っています。女性は、みなさん民族衣装を着ており、温かく出迎えてくれます。料理も豊富ですが、お酒が強いので、飲み過ぎに注意しましょう。


ロロ族Homestay

ロロ族の家族経営による民宿も数件あります。ロロ族は、皆さん大変フレンドリーで、地場産の野菜をふんだんに使った家庭料理で、あたたかく、もてなしてくれます。他のホームスティ同様、お酒の飲み過ぎには注意しましょう。

なお、近年、ロロ族集落内においても、地元の人以外の投資によるホームスティも散見されます。その土地のことを理解するためにも、できれば、地元経営によるホームスティに宿泊されることをおすすめします。

ペンション


モン族の古民家を修復した、とても雰囲気のあるペンションや、ザオ族集落の中にある土壁で作ったロッジ風ペンションなども欧米人を中心に人気があります。