自己紹介

小倉 靖

1957年8月19日生

東京理科大学工学部経営工学科卒

卒業後、食品会社勤務。経営管理部長、内部監査室長等、主として管理部門を担当

2013年早期退職後、ベトナムにて、日本語教師をするかたわら、ハザン省での活動を開始

現在、主としてハザン省内の観光関係機関、旅行業者等との関係を密にし、自然環境、伝統文化を保全しながらの観光開発について、アドバイス・サポートをおこなう。

                                            日越友好協会常任理事    

                                            ハザン省観光協会副会長

 

 


2002年以降、日本とハザン省を60回以上往復し、ハザン省内のすべての県、ほとんどの村について訪問経験があります。2015年、ドンバン県ルンクー村において、少数民族ロロ族の文化保全、村興しを目的に、カフェ・クック・バックをオープンさせました。ロロ族の古民家を利用したこのカフェは、観光開発および少数民族の支援(経営は、すべて現地の人に任せています。)という観点から、ベトナム国内で多くの注目を浴び、数多くのマスメディアで取り上げられています。2017年2月には、支援活動のモデルケースとして、駐越アメリカ大使の見学訪問もうけております。

2017年7月放映の「世界こんなところに日本人」において、女優の熊谷真実さんにお越しいただきました。

2019年2月放映の「世界ふしぎ発見」において、カフェ・クック・バックとロロ族集落が紹介されました。

 

2017年2月、ハザン省総書記と面談

2017年3月駐越アメリカ大使の訪問

2017年6月、番組取材で熊谷真実さんが訪問